ドラマ『ブラックリベンジ』

本家

TVerにて。

 

もちろん木村多江目当てで。

その目的はほぼ達成できたものの、ちょっとストーリーに無理があり過ぎて流石の木村多江でも観るのが辛かった。仕方ないとは思うけど繰り返し飛び降り自殺をみせられるのも厳しい。復讐の理由もタイミングもその根深さもちょっと違う感じだし、何より登場人物が珠里の思うがままになり過ぎている。ヒトの感情がそして行動がそこまでコントロールできるものではない。不自然すぎる。

広告
ドラマ『ブラックリベンジ』

映画『クリーピー 偽りの隣人』

本家

アマゾンプライムビデオにて。

 

いやあ、何処かで、多分グルドンで面白い、って言うのを見かけたのがきっかけでウオッチリストに追加したんだと記憶しているが、これは、、、

竹内結子も香川照之も素晴らしい演技だと思うけど、何を希求している作品なのか全く理解できない。難解さを狙っているのは分かるけど、残るものがない。東出昌大はハマると良いんだけど、西島秀俊はどの作品でも同じ人にしか見えない。演技が下手なわけでも魅力がないわけでもないのに何だかとても惜しい俳優。香川照之と西島秀俊と言えばあのドラマ、流星ワゴンも近い雰囲気はあったけど、ドラマと言うこともありまとまってはいたと記憶している。

映画『クリーピー 偽りの隣人』

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

Jl873機内にて。
原作を読んでその感想も書いたはずなのに、機内ではそれを確認することもできず、至って普通に内容は記憶から消されており、どう感じたかもわからない。
でもきっと感動した、はず。映画も良かった。山田涼介なんて、と思ったけど悪くない。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

映画『荒川アンダーザブリッジ』

Wiki

Nasneで。

恐らく山田孝之で引っかかった放送。

 

彼が星を演じている事はなんとなく覚えていたものの、ここまでぶっ飛んでいたとは。

何せ設定自体が無茶苦茶なのでソレを指摘しても始まらないが、一本筋が通っているのが人気の源なのか?と書くのは最後まで見たはいいけど、で?って言うのが感想だったりするので。

映画『荒川アンダーザブリッジ』

ドラマ『雨が降ると君は優しい』

本家

Huluにて。

 

もちろん最初は佐々木希の淫靡な感じに釣られてみ始めたのだけれど、そこはやはり期待を越えることはなく、でもみ続けられたのは玉山鉄二と木村多江の素晴らしい演技を堪能できるから。あの何処かに行ってしまったかのような表情は手紙の時にもみせていたけど、磨きがかかっている。あの切ない表情は彼女にしかできないもの。野島伸司らしさも随所にみられ、でもどこか詰めが甘い感じなのは日本のテレビドラマの域を出ていない感じもするものの、総じて素晴らしい作品。

ドラマ『雨が降ると君は優しい』

小説『マスカレード・ナイト』

本家

東野圭吾のマスカレードシリーズ最終作?

かどうかは知らないけど、大きな区切りはついていると思われる終わり方だった。

相変わらず読んだはずの2作品の内容が思い出せないまま読み進めたが、ホテルが舞台なこととその従業員と刑事が絡み合う話だった事はなんとなく覚えていて、帰国子女だった事なんかは全く覚えておらず、それがホテルマンに扮する為の選定理由になっていそうな事なんかも全く覚えていない。

でも、初めて読んだとしても抵抗なく読めるだろうし読み始めればその世界にすぐに入り込める事は間違いなく、でも色んな登場人物が色んな含みを持たせた状態でストーリーは進行、最後にはこれもあれも全部拾うのか、そこもそうつながっていたのか、と思わずにはおれない、東野圭吾らしい緻密な作品。

小説『マスカレード・ナイト』

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』

本家

JL873機内にて。

 

機内食を食べた後寝るつもりで観始めたら結局最後までみてしまった。藤原竜也の評価はその作品ごとに変わってしまっている自分がいて、これは良い。伊藤英明も普段良い評価をする事はほぼなかったように思うがこれは良い。やはり作品全体の出来の良さが理由なのだろうか。とにかくリアルで、首を絞めるシーンは沢山あるが、各々どこまで本当に絞めてしまっているのか分からない程リアル。

おかげでどの女優が良かった、等と言う感想は一切出てこない。石橋杏奈の名前を思い出すのに苦労した程に。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』