ドラマ『探偵倶楽部』

本家?

 

東野圭吾キーワードで録画したものをnasneで。

2010/10/22放送、と言う事で時代を感じさせるのは良いとして、松下奈緒のハジけた役柄は彼女の本来的な魅力を引き出していて好感触。

伊藤裕子が既に年齢を感じさせる老け方なのと矢沢心最近みないな、とか宮地真緒もそういやそうだな、とか、ちょっとした感想は持ったものの、何だろう、なぜ雨が降ってる中外を繰り返しウロウロしてその処理が何もされていないとか、原作を読まずとも東野圭吾的にはありえない甘さが、既にフジ落ち目クオリティを感じぜずにはいられなかった。

広告
ドラマ『探偵倶楽部』

映画『僕だけがいない街』

本家

Nasneでとったものを。

 

原作を知ったのは、記憶が確かであれば @fladdict がツイッターで勧めてたのをみてKindle大人買い、だった気が。

ノイタミナでやってたアニメも良く出来ていて、でも流石に実写化はどうなのかな、と映画館には足を運ばずじまいだった。

けど、実際みてみるとこれがどうして良い出来じゃあありませんか。藤原竜也も作品を選ぶと言うか作品によって俺自身の評価が全く別れてしまう、不思議な俳優、なんだけど、今作品では素晴らしかった。一番は及川光博だな。やしろの印象にピッタリ。鈴木梨央、華やかな印象だったのに雛月役がこれまたピッタリ。芦田愛菜と競う女優になるに違いない。もちろん、原作と異なるシーンも幾つかあったものの、一本の映画としてみれば違和感さえなく、アリなストーリーだと思った。

映画『僕だけがいない街』

映画『愛の渦』

アマゾンプライムにて。

事前にテレビで見た話の通り、ほぼ全編に渡って裸な、乱交パーティで繰り広げられる人間模様を描いた作品。もちろん門脇麦の演技に興味がありそれはそれで凄さを感じさせつつも実はその他の二人、特に中村映里子に興味が行ってしまったのは、痩せ体型が原因なのではなく、いやそれも大きいのだが、あのズバズバ言う感じがたまらないのだ。アレは理想的とすら思える。と、本作に関する感想と言って言えなくもない程度に作品には興味を持ったし、何より出演者ほぼ全員の体当たり演技に見惚れさせられたのは確か。

映画『愛の渦』

映画『君の名は』

JL873機内にて。

もうすぐ発売されるのを待ち切れず、機内でみてしまったらコレが評判に違わずとても良い作品であった事を書き留めずにはおれない。入れ替わるところまでは色んな所でまて知っていたけれど、時間のズレやら神話的な話やらは到底想像を超えていて、なんて素敵な話なのだろうと感激しきり。最後君の名は、と聞き合って終わるシーンは気付くと涙が。この世の片隅にと似た雰囲気、と言ってしまうと怒られるかもしれないけれど、キャラクターはアニメそのものなのに実写かよ、と言いたくなるような繊細な風景描写、そしてそれがキャラクターと同時に描かれているさまは意図としか言いようがない。それにしても奥寺先輩良過ぎる。と思ったら長澤まさみってか。イイねえ。

映画『君の名は』

アニメ『SHIROBAKO』

本家
アマゾンプライムビデオで。

rebuildfmで度々話題になっていて、アマゾンプライムにあるぞ、とまで言われたらみるしかないでしょう。
 これまた純然たるアニメで、アニメ声のオンパレードでキャラクターもいかにもアニメ、これでもか、ってくらいアニメな訳で。これをみたくらいで知った気になるな、とも言われそうだけど、制作側の人達がその現場を描いてるのだから相当リアルなのに違いない、とも思う。いや、きっとこれをみたらヘタな解説よりずっとアニメ制作に詳しくなる事間違いない!と言いつつアニメを積極的にみよう、とはならないけれど。

 瀬川さんの胸は最後まで気になったな。あと、ズカちゃんの髪の色。えまちゃん。興津さん。やっぱ興津さんが一番、かな。なんてすっかりハマってるくせに。

アニメ『SHIROBAKO』

ドラマ『高い城の男』

本家

ケータイだったりパソコンだったりで。

面白いというのをきいて、まあアマゾンプライムに入ってるんだからオリジナルはみておかないと、と言う気軽な気持ちでみはじめて、段々見るのが辛くなるというか、これのどこが面白いの?と思いつつも少しずつ少しずつ惹かれていき、シーズン1最終話で一気にグイッと引き込まれた。大どんでん返しは想像ついてて、それがシーズン2への布石だとは思っていたけど、でもやはり面白い。早く続きがみたい。

ドラマ『高い城の男』

映画『ちはやふる 下の句』

本家

アマゾンビデオレンタルで。

どうしようか迷ってとりあえずボタン押したら借りたことになってたので。

上の句のすべてを思い出せるわけもなく、みた当時書いた感想を振り返ってやはり続きはみておかないと、と思ってクリックしたので後悔はしていない。

全編に渡って映像の美しさが素晴らしい。広瀬すずの魅力だけでなく、松岡茉優もこの人こんなに美しかったっけ?と首を傾げてしまう程に。そして、かるたの最中の札、そしてヒトの動き。みとれてしまう。気付いたら涙が溢れていた。

素直に認めざるを得ない、良い作品だと。
追記

広瀬すず、今作品で水野美紀に似てると思った。今の、ではなくピークの時の。松岡茉優の目元のホクロ、って実際あるのかどうか知らないけど、素敵。

映画『ちはやふる 下の句』