映画『追憶』

本家

JL81機内にて。

ちょっとだけ、映画館でみても良いかなとさえ思っていた作品。だったけど、みてみたら飛行機の小さいモニタでも十分な内容だった。と言っても駄作と言う訳でもなく、むしろCMにまんまと騙され犯人を見誤ってしまってたくらい没頭してみたのだけれど。
岡田くんの演技はいつも素晴らしく、小栗旬の演技も問題ない。とすれば何がいけない?行けなくはないのだけれど情景描写に乏しく、筋だけを追っていくような内容だったから?自分でもなんだか腑に落ちない。一つ思い出した。音楽が何故かしゃしゃり出てきていたように感じたのだった。音楽自体は良いのに、使われ方の問題?

広告
映画『追憶』

映画『海賊と呼ばれた男』

本家

JL97便にて。

原作を読んだのは三年くらい前で未だに印象強く残っていて、何度泣いたことかわからない作品だっただけに、いくら岡田准一が凄いからってママで仕上がる訳ない、と言う自分への言い聞かせはあって、そう考えると感動はしても泣かなかった、と言う点はある意味想定通りか。岡田准一は間違いなく國岡鐵造になりきっていて、そこは文句なし、なのだけれど、何せ色々なシーンを無理やり一つの映画に盛り込んだ感が強く、それぞれのブツ切れ感が違和感を残している。出てる俳優それぞれは素晴らしいのに、って最近そればっかり書いてるな。それでもなお、タンク底をさらう一連のシーンはただただ感動。海原を旗を翻して進む様も。

映画『海賊と呼ばれた男』

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

本家

Nasneにて。

阿部寛、岡田准一と来れば間違いない、と信じて観てみたが、コレはきっとテレビ用にカットシーンがたくさんあるのだろう、それにしてもカットするシーン選べよな、的な感想。なんだろう、山でのシーンはそれがどのくらい大変なのか想像を絶するような環境で撮られていることは間違いなく、顔の日焼け等はきっと実際にそうなってしまうような環境に身を投じていたのであろう鬼気迫る演技は素晴らしかったのだが、阿部寛演じる羽生が死に至る様子が抜け落ちていたり、挙句座っているかのごとく死んだ状態で発見され、その当人が残したメモが近くに落ちているなど、様々な点で理解出来ない。それとも山を登る人間はそういうものだとでも言いたいのだろうか?羽生と言う人間は生にこだわっていたのでは?う~ん、納得いかない。原作読むべき?娘が同僚に居たので夢枕獏はいつか読まねば、と思っていたし、読んでみるか。

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

映画『永遠の0』

2013年の作品をJAL機内にて。

泣けなかった。
泣けるときいて期待が大きすぎたのだろうか。海賊と呼ばれた男であれだけ感動したのに。確かに凄い話だと思うし、各俳優の演技も素晴らしい。
引っ掛かったのはあれだけ自分の命や仲間の命を尊ぶ宮部が何故特攻をやり遂げようとしたか、である。戦争自体に否定的であった彼が敵を憎んでいたのか、自分の命を有効に使いたかったのか、謎である。
原作を読まざるをえまい。原作にはきっとその辺りの描写もあるに違いない。溜まりつつある他のを読み終えたら買うぞ!

映画『永遠の0』

リンク

ドラマ『恋愛偏差値』

2002年のドラマ。中国で買ったDVDなので画質はまあまあ。

第一章

この時期はトレンディドラマって言ってたのかどうかさえもう覚えてないけど、間違いなくその類のドラマ。ただ第一章は中谷美紀主演で岡田准一もゲイ役で出ているし木村多江も素晴らしい演技をしている事をみながら思い出したので最後までみることにした。

そして最後までみて全体の筋を思い出した。思い出したとは言わないか。みたと言う事を思い出した。そしてここでの篠原涼子に何かしらみつける事が出来ていなかった自分の事を情けなく思った。それくらい、この時点でも良い役者だと思った。もちろん中谷美紀、木村多江も十分に良い、でもこの中で篠原涼子を見いだせなかった自分が残念。と言うことで中々良いドラマだと思った。

第二章

常盤貴子、素敵すぎる。感情の表現が素晴らしい。そしてつんく。奇しくも半沢直樹のラストに呟いて話題になったみたいだけど、彼の出ているこのドラマで一番良くわからないのが彼の役どころ。要らん。

第三章
柴咲コウ、若い。若すぎるけどでも光るものはある。ただそれだけ。なぜこれが第三章なのか。
恋愛偏差値

リンク

映画『コクリコ坂から‚‰』

ナスネを遠隔操作→帰国時VITAに転送のパターンで。

2011年の作品。

カルチェ・ラタン、実在してたら凄いのにね。大掃除後の色遣いはちょっと駄目な感じだけど。でも良い。とても良い。子供たちにもあんな学校だったら通わせたい。

コクリコ坂から‚‰ – Wikipedia

リンク

ドラマ『末っ子長男姉三人』

いつものPSX→DVDで残した2003年もの。

いつものように殆ど覚えていない内容で展開も十分楽しめた。

深津絵里の演技は独特の良さがあるなと。で岡田君もこのドラマからかなり良いと思い出した記憶が。でもやっぱりいちばんは、お母さん役の岸恵子、これだけは譲れない。

末っ子長男姉三人 – Wikipedia

リンク