小説『素敵な日本人』

本家

東野圭吾の短編集を本屋で見かけて購入。

 読み終えてもタイトルの意味がイマイチ分からないのだけれど、それぞれの作品は面白く、著者らしいものばかりであった。

 中でも最後の作品は、代々受け継がれている水晶の数珠は魔法のような力を持っているわけではなく、それを礎に振る舞う事で成功してきたのだ、と言うような話なのかと思っていたら、最後にやはり実際使ったのだ、しかも素敵な使い方をしたのだ、と言う部分に、爽やかなと言うか得も言われぬ感動を覚えた。東野圭吾と言う人の描き方を知っていればそれとなく描かれている部分は全て結末につながることくらい、意識して読まなきゃ駄目なのになぜそんな事もできないのかと自分に嫌気が。でもその分楽しめる、と言うこともあるにはあるのだけれど。

小説『素敵な日本人』

小説『ラプラスの魔女』

本家
 映画化されると言うニュースを見て、あれ?新刊?と思ったら、帰国前の2015年に出てたらしい。

 ラプラスと言うとポケモン?と思う程には腐っている頭でも覚えていた数学者の名前のタイトルが、その人物が唱えた説のことらしい。

 内容としては、東野圭吾作品を愛する自分にとって、これもまた凄いの一言に尽きる作品ではあるのだが、オビにあった“小説の常識をくつがえして”と言う言葉が何をさすのか、がピンとこなかった。いつものように情景が浮かぶ繊細な描写、登場人物一人一人の機微に溢れる心理表現、想像力を掻き立てられる外見の説明も読みごごちが良い。それにしてもこの作品を探していると周りに読んでいない東野圭吾作品が溢れていて、いっそまとめ買いしようかと思いつつ、そんな中でも新作の話も聞こえてきたりして、楽しみではあるものの、いつになったら追いつくのやら、と思ってしまう。インド時代にまとめ買いして持ってっとけば良かったよ。

小説『ラプラスの魔女』

小説『雪煙チェイス』

紹介ページ
東野圭吾のゲレンデシリーズ最新作。

今後も根津と千晶のコンビで次々と作品が産み出されるに違いない、そう思わせる最後の締め方に若干ハッピーエンド過ぎるだろ、と言う気持ちもなくはないが、やはり彼の作品は読んでいてとても心地いい。以前の作品を知らずとも十分に楽しめる作品だが、読んでいると先の展開がなんとなく予想できるようなでもそう簡単には終わらせない、なんと言うか練りに練られているストーリーだな、と毎度の事ながら感心する。加えてゲレンデシリーズには、雪山スポーツへの深い愛を感じるところも多く、作者の懐深さを思い知らされている。

それにしても、警察内部のやり取りはそんなことが本当にありそうだし、あったとて小杉のように動ける人は実在しないのだろうと諦めてしまうのは駄目なのだろうか?でもいるとも思えない。

小説『雪煙チェイス』

小説『恋のゴンドラ』

リリースノート
東野圭吾のゲレンデ?シリーズ。

雪煙チェイスがすぐに出る、と言う事で慌てて読み始めたもののGOT6やらドラマやらPodcastやらYouTubeやらと中々読み進めず、で気付いたら雪煙チェイスが出ていたので意を決して一気に。と言っても読み始めると凄く読みやすく書かれていて、そうする事で少しでも読者層を広げたいのかな、と言う作者の意図を感じた。筆者の雪山いやウインタースポーツ愛?を語る記事を斜め読みした上での想像だが。

本編については、単独の作品としても読めるように描かれてはいるものの間違いなくゲレンデシリーズと続いていて、オーこの登場人物あの人か!的な楽しみもあると言う。頭の二三編を読んで小品集?と勘違いしたのは、俺の、他の作品を読んでいる割に読み込みが足りていない証か。なんせ今作品でも冒頭のシーンが最後になってきいてくるところなんて、あれそう言えば、、、となって読み返したりしてしまっていたから。

正直、若い人の描写はそれが違和感あるのかさえ区別がつかないし、俺視点でみればいい感じで現代感を映し出してはいると感じたので頑張っていると評価すべきか。男女の心理描写がこれまた細かく描かれているのも筆者の特徴が表れていて安心した事も。

雪煙チェイス、すぐに読まないとな!

小説『恋のゴンドラ』

小説『危険なビーナス』

 珍しく、と言うか日本にいるのでもうチョイ追っかけろよ、とは思うものの、第一刷を購入。

 期待通りの面白さであいもかわらず緻密すぎる話の構成、意外な展開、無茶苦茶楽しめた。楓は是非実物をみてみたい。陰山元美も凄く気になる、と言うかそっちにくっついてハッピーエンドかと勝手に思っていたら外れてた。楓が明人の妻では無い事は早々と予想出来たしにおわすどころではない描かれ方もしていたので、最終的に楓と、と言うことは余りに意外性がないものだから。とか言いつつ、楓が警察官だなんて完全に意表を突かれたわけだが。

 一つだけ言いたくなったのは、ドラマっぽいと言うかタイミング良すぎでしょ、と言うシーンが多かったこと。いつもの作品ならもっと自然なと言うか有りそうなタイミングでものごとが進んでいた気がする。一清の絵をみつけてあと一息、のところで助けられてしまうとか。それが小説なのだよ、と言われれば返す言葉も無いけれど。

 でもやはり映像化は間違いないなと踏んだ。もう一度読み返したくなったけど、それは映像化が分かったときにとっておくか。

小説『危険なビーナス』

小説『夜明けの街で』

映画をみて腑に落ちなかったので小説を文庫本で購入してみた。

思いの外忠実に描かれた映画だと言う事に気付かされ、作品にケチをつけるよりむしろお前の鑑賞能力に問題があるだろ、と自分に言って聞かせたくなった。

と言うのも、話の最も重要な部分が映画でもきちんと描かれていた筈なのにそれを見落としたのかなんなのか分からないけど、確かに大切な部分は映画でも観た記憶があり、やはり見方に問題があったのだな、と。と同時にやはりこの緻密さは東野圭吾ならでは、で安心した。

サスペンスだけでなく、こう言った恋愛物?もまた読みたい。

小説『夜明けの街で』

小説『64』

横山秀夫の小説をKindleで。

冒頭から暫くは読み進めるのが辛かったが、それを超えると止まらない感じでほぼ一気読み。

カッコいい人がかっこよすぎではあったものの、かつ主人公の頭の良さもそこまでは、なんて思ってしまうようなところもありはしたけど、それは単に自分の想定限界を超える人間が世の中に居る、それだけの事かもしれない、なんて思いながら、ともかく人物描写が素晴らしく、個々に際立っていた印象。

この作家の他の本、読みたくなってしまった。積読消化後の最有力候補。

小説『64』