小説『マスカレード・ナイト』

本家

東野圭吾のマスカレードシリーズ最終作?

かどうかは知らないけど、大きな区切りはついていると思われる終わり方だった。

相変わらず読んだはずの2作品の内容が思い出せないまま読み進めたが、ホテルが舞台なこととその従業員と刑事が絡み合う話だった事はなんとなく覚えていて、帰国子女だった事なんかは全く覚えておらず、それがホテルマンに扮する為の選定理由になっていそうな事なんかも全く覚えていない。

でも、初めて読んだとしても抵抗なく読めるだろうし読み始めればその世界にすぐに入り込める事は間違いなく、でも色んな登場人物が色んな含みを持たせた状態でストーリーは進行、最後にはこれもあれも全部拾うのか、そこもそうつながっていたのか、と思わずにはおれない、東野圭吾らしい緻密な作品。

広告
小説『マスカレード・ナイト』

小説『容疑者Xの献身』

Wiki

映画をみて原作を読んでいたつもりで本棚を見てないことに気付き、改めて読んでみた。

映画の堤真一と松雪泰子がチラつくというより全てのキャラクターがそれぞれの台詞を言っているかのような感覚で読み進めたのは良かったのかどうなのか。そのような読み方でも映画は良く描かれていた、と感じた。東野圭吾作品は、緻密さが論理や技術的な部分だけでなく、登場人物のちょっとした仕草も繊細に描かれていて、それが過ぎると気になるものだと思うのだけれど、丁度いいところに丁度いい具合に散りばめられている、そんなところが魅力なのだと感じた。ラスト、凄まじいシーンが映画でもすごく良く描かれていて、小説を読むとまたそのシーンが頭の中で繰り返された。

小説『容疑者Xの献身』

小説『株価暴落』

池井戸潤の小説をKindleで。

すっかりJALの話と思い込んで購入したが、イカロスの方が余程JALっぽいではないか。この話は銀行のお話だった。

が、事件と複雑に絡ませてあって従来の作品とは違う読み応えがあり、並行して読んでいた東野圭吾作品と似た雰囲気さえ感じた。

爽快と言う感じではないものの、正義は勝つ、と言うストーリーは気持ちが良い。仕事頑張らないと、と思った。

小説『株価暴落』

小説『疾風ロンド』

東野圭吾のいきなり文庫化されたとかいう触れ込みの小説。

舞台はスキー場。

視点が変わる毎に描写もキチンと書き分けられており、また男女のやり取りも同様にきめ細やかな描写となっている。

今気付いたが、彼の作品で人がしななかったのは初めてではないだろうか?少なくとも今まで読んできた作品では必ず人が死んでいたように思う。あ、違うひとり交通事故で亡くなってるか。でも殺人ではないし事件ではあるけれど警察が絡んでない。その辺り、新鮮ではある。

また、なんとはなくなのだが伊坂幸太郎の作風に似たタッチがいつもと違う感覚を覚えさせるのでは、と感じた。

小説『疾風ロンド』